【胃腸風邪】の子どもを世話する時の≪3つのポイント≫

どうも、皆さん。

育児中の元ナース、もずくです。

 

娘が保育園から輸入した胃腸風邪

もずく一家全員に順番にうつって大惨事に…。

 

【胃腸風邪】の症状で苦しむ子どもを見ていると、

親としてもツライ気持ちになりますね。

もずく
「ヤバい!何とかしてあげたい!」って

気持ちになったよ。

同時に「でも、どうすれば…?」と

立ち止まってしまうのも事実。

 

実は、胃腸風邪の子どもを世話する時には

重要なポイントが3つあります。

今回は、ソレを詳しくお伝えしていきます。

「子どもが胃腸風邪に罹って困った…」という時、

是非参考にしてみてくださいね!

 

「嘔吐」と「下痢」で小児科を受診するか迷う時 or 受診時

コチラの記事が参考になりますよ。↓

 

スポンサーリンク

≪3つのポイント≫って何?

以下の3つが、非常に重要なポイントです。↓

  1. 脱水の補正
  2. 手洗いマスク
  3. 消毒

 

実は、後で振り返った時に

もずく一家が十分にできていたのは、

1つ目のポイントだけでした…。

もずく
うわぁ、因果応報…

気を取り直して、順を追って

説明していきます!

ポイント1 脱水の補正~

前回の記事でも書いたように、

【脱水状態】になるのが一番怖いです。

まずは、この状態を何とかしてあげるのが先決!

普段の母乳/ミルクって飲ませて良いの?

もちろんOKです。

嘔吐が落ち着いた時少量ずつこまめに

 

吐いたからと言って、慌てて吐き気の強い時

飲ませるのは×

スグに吐いてしまうので要注意!

もずく
もずくは、落ち着いた時に飲ませても

吐かれたよ…

何度か吐かれてしまうかもしれませんが、

ゆっくりとトライを。

「経口補水液」ってどうなの?

よく薬局などで見かける「OS-1」という商品。

アレが経口補水液です。

脱水状態を補正するには

うってつけの飲み物ですね!

 

実は、乳幼児用にできているモノもあるんです。

それが「アクアライト」

もずく
味見したら、サッパリしていて

結構飲みやすかったよ。

↓娘もよく飲んでくれます。コチラは飲み切りサイズ。

↓コチラは500mlペットボトル。もずく家御用達。

飲む時、哺乳瓶やコップに移します。

キャップできて、ある程度保存できるのが◎。

下痢や嘔吐のひどい時にはオススメです。

風呂上がり、汗をかいた時の普段使いにも◎。

 

いざという時の為に、予め

何本か常備しておくのがオススメです。

下痢の時は、冷えた状態ではなく

常温で飲ませてくださいね。

 

スポンサーリンク

ポイント2 手洗いとマスク~

胃腸風邪の怖いところは、感染力が強い

世話をする家族にもうつりやすいんです。

(実際、もずく一家は全滅しました…)

 

実は、胃腸風邪ひいてる人の嘔吐物便には、

ウイルスがたーっぷり含まれています。

その上、乾燥したものが空気中を舞って

そこから感染…というリスクもアリ。

 

なので、石鹸流水しっかり手洗いを!

嘔吐物やオムツを処理した場合はモチロン、

とにかく思い立ったら手洗いを。

 

「正しい手洗いの方法」なるモノを見つけたので

参考にどうぞ。印刷して貼っておくのも◎。

≪リンク先でPDFファイルが開きます↓≫

© 2006-2017 Saraya Co.,Ltd. All Rights Reserved.

もずく以外の他の家族は、しっかり

手洗いできていなかったんですね。

もずく
いや~、やらしかたぜ…

ところで「マスク」は?

もずくは慌てて、コレをすっかり

忘れていた!というオチでした…。

しっかりとマスクでを覆うのを忘れずに!

使い捨てマスク推奨です。

 

ウイルスがマスクに付着するので、

使ったら惜しまずにゴミ箱へポイ!

 

ちなみに時々見る「アゴマスク」。

アレは、アゴに服着せているようなモノで

マスクの意味皆無なので注意!

もずく
この記事を読んだ方は

決してマネしないように!

お願いしますよ~。

ポイント3 消毒~

胃腸風邪を起こすウイルスは、

そう簡単に死滅してくれないんです。

いやぁ、実にしぶといですね!

多少面倒ですが、消毒まで必要になります。

 

*注意* 消毒時は以下の3点をお忘れなく!

  1. 消毒時には使い捨て手袋マスクを忘れずに。
  2. 衣類等の下洗いをする時も手袋マスクを。
  3. 手袋を外した後は、すぐに手洗いを。

 

↓準備しておくと、掃除などの普段使いにも便利。

モチロン介護にも◎。

消毒液として適切なのは次亜塩素酸ナトリウム

いわゆる”ハイター”ですね。

もずく的には、ミルトン等の哺乳瓶用消毒液がオススメ!

入手しやすい上に、哺乳瓶消毒にも使えるので◎。↓

 

台所シンクに流すと、消毒される為か

シンクの掃除ペースがグッと落ちるという

主婦にありがたいオマケ効果付き(笑)。

 

ただし、脱色してしまうので

脱色して困るモノ(服など)には

使いにくいという難点があります。

消毒液が使えない時は?

85℃以上熱湯または蒸気で1分以上

消毒すれば大丈夫ですよ。

(詳しいやり方知ってる賢い方、

コメント欄にてご教授下さい…。)

 

すぐに洗えない場合は、

ビニール袋に入れて口を縛っておきます。

ウイルスが乾燥して、空気中に

フワ~ッとしてこないようにする為ですね。

 

もずくの場合、ひどく慌てていた為…

消毒をド忘れして、無防備で下洗い

ビニール袋に入れて口を縛る

…って事くらいしかしていなかったんですね。

もずく
そりゃ、うつるよね…(苦笑)

終わりに

以上、≪3つのポイント≫でした。

お役に立てたでしょうか?

皆さんも、子どもの胃腸風邪に困った時

是非参考にしてみてくださいね!

 

*補足*

記事の不十分な点の指摘を、

コメント欄にて地味~に募集しております。

皆さんの『役に立つ記事』に進化していく為に

必要です。お手数ですが、ご協力をお願いします!

もずくが喜びます(笑)。

 

という具合で以上、もずくがお送りしましたー。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す