J1 第22節 セレッソ大阪vs浦和レッズ 試合レビュー

どうも、皆さん。もずくです。

 

今回は、7/22(土)に行われた

『J1 第22節 セレッソ大阪vs浦和レッズ』の

試合レビューをお届けします。

もずく
最近、海外の強豪チームと

親善試合を行い、敗戦している

チーム同士だね。

カエデ
前半戦(第2節)では、

レッズが勝利しているね。

今回はどうなるかな?

それでは、試合レビューどうぞ!

 

SIDE:セレッソ大阪~狼は引き下がらない~

攻撃については、とにかく

個人の能力が高いですな!

水沼のクロス、柿谷の正確なパス、

杉本のドリブル…等。

 

杉本は、ボールを

持っていない時のポジショニングが

上手になったと思います。

 

守備については、

前線の選手によるプレッシャーが

効果テキメン。

それが、2点目につながる

相手のミスを誘いました。

 

4点を取った後、

山村をDFラインに下げて

5バックへ。

レッズの攻撃をシャットアウト

レッズは、幅広い攻撃ができなくなり、

まさに効果バツグンでした。

 

「早い段階で点を取り、後半に守りきる」

という計画があったのだと

思いました。

この試合では勝ったけれど、

セレッソは

まだ発展途上ですね。

 

攻撃時に2人の選手が重なったり、

押し込まれた時にバタバタしたり…

チームの組織化という意味では、

改善点が大いにありますね。

 

SIDE:浦和レッズ~最近調子悪いから、ココは勝ちたい~

幅広い攻撃によって、

セレッソを苦しめた…のですが、

途中からガス欠気味に。

 

セレッソが

5バックとなってからは

最早お手上げ状態でした。

 

関根のドリブル、興梠の技術など…

個人の能力は確かにありますね。

 

しかし、4点も奪われてしまっては、

攻撃も苦しくなってしまいます。

サッカーは、攻撃と守備が

独立している競技ではないので。

 

1点目:

ジャッジ(オフサイド)の自己判断

一瞬、足が止まってしまいました。

その隙にクロスを入れられて、失点。

 

2点目:守備陣のミス。

3点目:山口蛍をフリーにしてしまい、失点。

 

4点目:

水沼にクロスを簡単に

上げさせてしまいました。

丸橋がペナルティエリアに

入ってきたのに対応できず、失点。

 

全体的に動きが悪く、

判断も悪かったですね。

どこか停滞感がありました。

 

まとめ

セレッソは、

勝つためにやる事が

整理されていました。

また、実際に

勝てるようになってきており、

自信を持てていましたね。

 

一方、レッズは

マンネリ感があるように

感じました。

(特に守備陣。)

 

サンフレッチェも経験している

「同じシステムで勝ち続ける難しさ」に、

レッズも遭遇しているのでは

ないでしょうか。

もずく

ちなみに、日本代表に

頻繁に選ばれている

山口蛍選手なんだけど…

守備で簡単に身体のバランスを

崩してしまうシーンがあったね。

カエデ

相手の突破を許さないためにも、

改善すべきだね。

終わりに

以上、

「セレッソ大阪vs浦和レッズ」の

試合レビューでした。

いかがでしたか?

 

セレッソ大阪は、来週

ガンバ大阪との大阪ダービー!

これは注目ですね!

 

という具合で以上、もずくがお送りしましたー。

コメントを残す