《津市》地方の祭は侮れない!『いちし夏まつり』体験レポ

どうも、皆さん。

実は暑いのは苦手!元ナースのもずく(@mozuku_on7sea)です。

 

突然ですが…

皆さんは、地方で開催されているイベントに

参加した事がありますか?

もずく
移住して早4年…

そう言えば、仕事が忙しくて

イベントどころじゃなかったなぁ。

 

もずくは、仕事(看護師)している時、

こう言ったイベントは、ほぼ見向きもしませんでした。

もずく
仕事と被っていれば無論、

休みの日は仕事疲れを取るのが最優先。

自分の好きな事もしたいし…ソレどころじゃないねー。

 

…と、こんな感じで華麗にスルー。

そういう方、多いのでは?

 

現在は仕事を離れている上に、個人的に気になった事もあって

津市の夏祭りの一つ『いちし夏まつり』へ。

 

祭りに行ってきて強く感じたのは、

もずく
地方のイベント、正直ナメてた! (地元の人ゴメンナサイ…)

コレは意外と侮れない!

 

…という事でした。

 

そんな感じで、今回は

イベント出陣記 ~『いちし夏まつり』体験レポ~

を、皆さんにお届けします。

 

スポンサーリンク

「いちし夏まつり」って?

 

バスでGO!

近鉄『川合高岡』から、三重交通バスで会場へ。

三重交通バス『川合高岡』バス停は、駅の前には無いと言う罠。

駅から少し歩いた『一志庁舎』の前にあります。紛らわしい!

もずく
バス停名を『一志庁舎前』とかにすればいいのに…。

 

↑バス停裏には、こんな石碑が。

津市との合併前は『一志郡一志町』でした。

 

会場に向かうバスは、1時間に1本。

田舎って、そういうモノです。

(17時からは、1~2本に増えます。)

 

会場最寄りバス停の一つ『高野団地』で下車。

”団地”と言いつつも、何故か中学校の前に着きます。

(またしても、バス停名が…)

 

ここから緩い下り坂を歩いていきます。

(もう一つの最寄りバス停『井関』で降りると、逆に会場まで上り坂に。)

↑少し歩くと、こんな案内が見えます。

矢印の方向に曲がって、坂を上っていくと…

会場『とことめの里一志』へ到着!

バス停からココまで約10分ほど。

↑こんなのぼり旗が、会場近くの道路沿いに立っていました。

 

会場となる『とことめの里一志』は

前回の記事でも触れた通り、複合施設です。

 

祭りの開始時刻まで、図書館で涼んでいる方々多数。

(祭の開始時間近くになったら、ゾロゾロと図書館から出てきました。)

途中で暑くなってきた時の避暑地としても使えますよ!

ついでに、新聞や雑誌、本を読んで

有意義な時間を過ごすのも◎。

もずくは、本を三冊借りました。

 

温泉もあるので、

  • 温泉⇒そのまま祭へGO!
  • 祭で汗かいた⇒温泉でサッパリ!

…なんて事もできちゃいます!

複合施設、恐るべし。

 

昼の部《屋外ステージ企画》

↑祭りの昼の部《屋外ステージ企画》のお品書き。

出演アーティストの詳細は、ココでは割愛。

詳しくは、前回記事をどうぞ。↓

 

竜吾

爽やかで優しい歌声ですね。

主にTwitterで情報発信されているとの事。

気になる方、フォローしてみては? ↓

 

↑生で聴いていて楽曲が気に入ったので、物販でCD購入!

本人によるサイン入り!

コレ、家宝にしますww

 

↓もずくが買ったCDはコチラ。オススメ!竜吾2ndアルバム。

 

ムッチー

津市民歌の作曲者。

『このステージでは、自分の歌いたい曲を歌います(笑)』

と、ステージ冒頭に宣言。

心地良いサウンドが、祭の空に響いていました!

 

高橋真珠【ヴァイオリン】&村林浩代【ソプラノ】

プロの演奏家のお二人。

  • ”サンタ・ルチア”
  • ビゼー 《カルメン》 第1幕より”ハバネラ”
  • プッチーニ《ジャンニ・スキッキ》より“私のお父さん”
  • ヴァイオリン独奏で”カルメン幻想曲”(演奏難易度:高!)

…等々、有名な曲を演奏されていました。

どれも素晴らしい演奏でした!

 

↓「なかなか演奏会を聴きに行けない…」という方はコチラ。

ヴァイオリンの高橋真珠さんの1stアルバムです。

昼の部【屋内企画】

暑いので、『とことめの里』建物内に時折避難。

もずく
冷房が効いていて涼しい!

 

屋外だけでなく、避難先の屋内でもイベントをやっていました。

健康づくりコーナー《足型バランスチェック》

『とことめの里』施設内の保健福祉センター出展企画。

裸足になって機械に乗るだけで、足底にかかる圧や重心等を計測。

結果に基づいて、保健師さんがアドバイスしてくれます。

↑もずくの計測結果。

足への荷重のバランスは良いようです…が、

親指以外の指には圧がかかってない模様…。

↑計測結果の見方と、トレーニング方法の一例のパンフレット。

 

スポンサーリンク

炎天下の一志町に『シロモチくん』現る!

祭の宣伝チラシにも予告してあった通り、

津市PRキャラ『シロモチくん』が来ていました!

餅だけに、ツヤツヤのもち肌。

カメラを向けられて営業モード。

(写真は、顔がわからないように一部加工してます。)

↑正面から接近気味に。

実はこの『シロモチくん』、走ったりジャンプしたり

意外と機動能力が高いんです。

(【2016年津まつり】で、機動能力を確認済み。)

もずく
こんなに暑い中、”中の人”お疲れ様です。

 

名松線を盛り上げ隊!

屋台の一角にこんなコーナーが。

この地域を走る鉄道の一つ【JR名松線】熱烈PRしている

ボランティアの市民活動団体ですね。

公式Facebookページあります。興味のある方はどうぞ!↓

 

JR名松線は、幾度の廃線の危機を乗り越えて

《奇跡の名松線》と呼ばれているとか。

昨年の春、6年半振りに全線復旧を果たした時には

各種メディアで取り上げられていました。

祭りでは、うちわを配布していました。ありがたい!

暑いので非常に重宝しました!

名松線沿線の絶景写真がプリントされています。結構良い風景!

イメージキャラ『奥津ハルカ』。

もずく
…ん?萌えキャラ?

 

JR名松線に乗って、遊びに行ってきた記事↓

 

夜は【盆踊り】

祭り会場の中央には、予め櫓が組まれていました。

盆踊り開始前に、祭りの実行委員会の方からご挨拶。↓

踊り以外の楽しみ《運試し!大抽選会》

毎年恒例の大抽選会。

夜の部開始(18時頃)から先着500名

抽選番号入りのうちわが配られます。

 

うちわを求めて、敷地外の歩道にはみ出すほどの長蛇の列

早くから形作られていました。

お目当ての方は、早目に並ぶ事をオススメ!

↑大抽選会の詳細はコチラ。

↑抽選会の商品一覧。

特賞は松阪牛!豪華!

 

もずくは諸事情(最終バス)の都合上、夜の部(盆踊り)には参加せず帰路へ。

昼の部だけでも十分楽しめました!

いや~、久々に充実した時間を過ごせました。

もずく
来年もまた行こうかな。

今度は、夜の部も参加したい!

ターゲットはもちろん、松阪牛ですとも!

 

終わりに

…以上、地元イベント出陣記~『いちし夏まつり』体験レポ~

をお送りしました。

地方のイベント、侮り難し。

 

皆さんも、地方開催のイベントを

是非チェックしてみて下さいね!

意外な穴場の発掘など、何か新しい発見があるかも?

 

という具合で以上、もずくがお送りしましたー。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す