J1第21節【サンフレッチェ広島vsガンバ大阪】試合レビュー

どうも、皆さん。

理系メガネ派歴女元ナースのもずくです。

もずく
夏休みという事もあってか、

平日の試合だね。

カエデ

この時期はナイトゲームだから、

平日でも観に行きやすいよ。

今回は、8/9に行われた

J1第21節【サンフレッチェ広島vsガンバ大阪】の

試合レポをお届け!

もずく
今夏の移籍で、元々ガンバにいた

選手が、何人かサンフレッチェに

加入してるね。

カエデ

そうそう。

おまけに、サンフレッチェは

監督が変わってまだ日が浅いよ。

ガンバを相手にどう立ち回るか…

必見ですな。

長くサンフレッチェ広島を率いてきた

監督の退任については、コチラをどうぞ↓

 

それでは、キックオフ!

前半~サンフレッチェ、変化の時?~

サンフレッチェは、以前より

攻撃寄りのチームになったような。

(以前は、守備寄りのチームだった

という事もありますが。)

 

サンフレッチェが

一瞬の隙を突いてゴール!

高橋のクロスを受けた

アンデルソン・ロペスが、

バイタルエリアでシュートしゴール。

 

ガンバは、バイタルエリアを空けてしまい、

危険な位置でアンデルソン・ロペスを

フリーにしてしまいました。

 

前半の序盤は殴り合いでしたが、

徐々に互いに攻めあぐねる形に。

サンフレッチェ得点後、

ガンバが押しているように見えますが、

多くチャンスを作れているワケでは

ありませんでした。

後半~ガンバ『このままでは済まさへんで』~

後半開始早々、ガンバが得点。

アデミウソンのフリックから、

藤春がグラウンダーのクロス。

裏に抜け出した遠藤がゴール!

 

ゴール付近のサンフレッチェの選手は、

完全に遠藤を見失っていましたね。

 

同点になった後、

再び互いにカウンターでの

殴り合いの展開に。

 

井手口がドリブルで中央突破し、

裏に抜け出したアデミウソンを

水本が後ろから倒してしまい、PKに。

アデミウソンのPKを

サンフレッチェGK中林は止められず、

ガンバ逆転!

 

ガンバの逆転後、

サンフレッチェが攻める形に。

しかし、サンフレッチェは

ボール保持して攻めるのが得意ではないチーム。

ガンバの守備を崩せず。

 

しかし、ガンバのカウンター攻撃の時に、

倉田が致命的なパスミス。

それが、サンフレッチェの

逆カウンターの起点に。

 

柴崎のパスを受けたアンデルソン・ロペスが

ガンバDFが4人いる中でゴール。

同点へ。

その後、互いにチャンスを作るものの、

得点には結び付かず。

2-2のまま、試合終了しました。

試合全体の総評

SIDE:サンフレッチェ広島

サンフレッチェは、

元ガンバのパトリックが攻撃を牽引。

裏抜けができて、スピードのあるFWは

元々守備的なチームである

サンフレッチェにピッタリ。

 

強力なFWを獲得し、

アンデルソン・ロペスが

点を取れるようになってきたサンフレッチェ。

最悪の時期を脱出したのでは?

SIDE:ガンバ大阪

ガンバは、逆転してからは

完全に主導権を握っていたのですが…

倉田のパスミスによる自滅で、

勝ちを逃してしまいました。

 

しかし、失点の原因は

倉田のパスミス以外にもありました。

リードしているのに、不用意に

人数をかけて攻めてしまった点ですね。

後ろが手薄となり、倉田のパスミスが

より致命的なモノとなってしまいました。

終わりに

以上、【サンフレッチェ広島vsガンバ大阪】の

試合レビューでした。

いかがでしたか?

 

夏の間はナイトゲームが続くJリーグ。

コレを機に、気になるチームの

観戦に行くのも良いですね!

 

という具合で以上、もずくがお送りしましたー。

コメントを残す