【金管編】アンサンブルコンテスト お気に入り曲紹介《part.1》

どうも、皆さん。

トロンボーン歴十数年の管理人・もずく(@mozuku_on7sea)です。

もずく
カエデ氏の次は、もずくのターン!

 

という事で、『アンサンブルコンテストお気に入り曲紹介』

今回は《金管編》をお届けします。

 

『今年のアンサンブルコンテストの曲、何やろうかなぁ…?』

そんな時の参考になれば幸いです。

 

注意事項

このシリーズの記事は、

ブログ管理人《もずく》& 助手【カエデ】の 2人で担当します。

記事の担当割り振りは、以下の通りです。↓

 

  • トロンボーン奏者:ブログ管理人《もずく》→金管
  • 木管楽器(低音)奏者:助手【カエデ】→木管

 

打楽器の方、ゴメンナサイ…orz

 

スポンサーリンク

 

金管編 《金管五重奏》

上述の通り、今回は金管アンサンブルの曲を紹介。

小フーガ ト短調 【J・S・バッハ:作曲】

今回紹介する曲はコチラ。

J・S・バッハ作曲『小フーガ ト短調』です。

↓ 参考演奏をどうぞ。【音量注意!】

元々オルガン曲だったモノを、

金管アンサンブル用にアレンジしたモノ。

有名な曲なので、「どこかで聴いた事ある!」って方も多いのでは?

 

『フーガ』と言うのは、

”一つの主題を、複数のパートがマネしながら

次々に追いかけて演奏する様式”を持つ曲の事。

 

曲を聴いてみると、最初にトランペットが示した主題が

次々と他パートに受け継がれ、

発展していっている事がわかりますよ。

もずく
最初の出だしのトランペットは

soloだから、緊張感ハンパない…(汗)

でも、ココをバシッと決められたらカッコイイ!

 

金管アンサンブルの厚みのある音色を活かした良いアレンジです。

中には技巧的な部分もあり、難しいとは思いますが

チャレンジしてみる価値アリかと。

もずく
トランペットとホルンが、機動性を活かして

大変そうな事をしてるよ。

 

♪この曲に関する詳細は、コチラからどうぞ。↓

 

終わりに

以上、『アンサンブルお気に入り曲紹介』でした。

 

今回は金管五重奏の曲だったので、

次回は木管アンサンブル曲を紹介予定です。

乞うご期待…?

 

という具合で以上、もずくがお送りしましたー。

 

あわせて読みたい《関連記事》

アンサンブルコンテストの曲に悩むアナタへ。

【アンサンブルコンテスト お気に入り曲紹介】シリーズの記事を集めてみました。

”金管編”はコチラから。↓

 

”木管編”はコチラから。↓

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す