衝撃の人生!【天国に一番近い会社に勤めていた話】読書レビュー

どうも、皆さん。

ブラック病院勤め経験アリの元ナース・もずく(@mozuku_on7sea)です。

もずく
あの有名なブログ、遂に書籍化ですぞ!

個人的に日々チェックしている

『警察官クビになってからブログ』が遂に書籍化!

 

今回は、その書籍【天国に一番近い会社に勤めていた話】

読書レビューをお届け。

自称・ダメ人間なもずくは

書籍版を読んで、改めて衝撃を受けました!

こんな方にオススメ
  • 「自分もクソ人生送ってるんだけど…」
  • 「ブラック企業で社畜してますが、何か?」
  • 「悩むのも面倒なくらい、もう人生に疲れた…orz」
  • 「ハルオサンって何者?」

それでは、ブラックな世界へ潜ってみましょう。

 

スポンサーリンク

天国へ一番近い会社に勤めていた話【ハルオサン・著】

今回、オススメするのはコチラ。↓

開設後、短期間で100万PVを記録した

ハルオサンのブログ記事を再編集・再構成したモノです。

新規書き下ろしのコラムも載っていますよ。

 

ブログ内では既にお馴染みの

ハルオサンの”挿し絵”が多く使われており、

文字ばかりではないので、読み易さ抜群!

もずく
一気に読んじゃったよ~。

ハルオサンの《超壮絶な人生》を疑似体験!

↑帯に書いてある内容から既に”タダ者ではない”感じが…。

 

この本の著者・ハルオサンは

非常に壮絶な人生を歩んでいる方です。

この本やブログを読むと、その辿ってきた道程が明らかに。

 

あまりにも密度が濃過ぎて、全ては書けないけれど

ざっくり簡潔に書くと以下の通り。↓

生まれつきの脳の病気⇒⇒夢だった警察官をクビ

⇒家具屋(と言う名の死後清掃)婚約破棄

犯罪者&最下層民だらけの超・ブラック企業…等々。

この本を読む事で、あまりにも濃過ぎる

壮絶な人生の疑似体験が可能に。

読んでいて、終始鳥肌が立ちっ放しでしたよ。

もずく
凄いモノに触れると「ブワ~ッ」てくるんだけど…

コレ、久し振りにキタねぇ。

内容はかなり衝撃的ですが…ハルオサンの”挿し絵”が中和して

独特の世界観を作り出しているので、

構成面でも上手くできている本かと。

『超絶ブラック企業の実態』や『社会の』が明らかに

↑帯(裏面)もスゴイですよ。

 

”超絶ブラック企業勤め”の部分を読んでいる内に、

まるで世の中の”闇の中の更なる深淵”

覗き込んでいるかのような感覚に。

 

世の中の”ブラック企業”が従業員に

【楔を打って繋ぎ止めた上で搾取しまくる手口のイロハ】が、

この本を読むと明らかに…。

まさに【社会の闇の中の闇】を映した”鏡”とも言えますね。

 

個人的に、相当な「ブラック病院」で働いた挙句に

病気になってしまいましたが…

ハルオサンの勤めていた会社に比べたら、その病院すら

随分とカワイイモノに思えてしまいました。

もずく
それぐらいハルオサンが勤めていた

会社はヤバいんだよ…

 

スポンサーリンク

それでも前向きな姿に、勇気が貰える!

ここまで壮絶な体験をしたら、

大多数の人は『闇堕ち』すると思われるのですが…

ハルオサンは違いました。

 

「人に愛されたい!」「誰かに必要とされたい!」

尋常ならぬ努力を積み重ね、

それを何度も潰されても頑張るハルオサンの姿に、

強い衝撃不思議な感動を覚えました!

もずく
読んだ後は、不思議と”勇気”を

もらってしまったww

人生は、何が起きるかわからない!

コレは本の終盤に書いてある内容。

ハルオサンは、ブログを書き始めたら

人生が一変したとの事。

 

『ブログ始めたら人生が変わった!』という方は

Twitter上で、個人的に知る範囲でも

チラホラと見かけます。

 

ハルオサンがそうである様に、実は

自分自身も『ブログで人生が変わった』人間の一人です。

もずく
この辺の詳しい話は、またの機会にでも。

人生って、本当に何が起こるかわからないモノですね。

もうダメだ…って心底絶望していても、

ソレを覆せるチャンスに突然巡り会う事もありますし。

 

…そんな具合で、人生に疲れた方や

本の内容が少しでも気になった方

是非読んでみて欲しい一冊です。↓

ブログ以外にも、ハルオサンはTwitterをされていますよ。

気になった方、フォローしてみては? ↓

☆ハルオサンのTwitterアカウント@keikubi123

もずく
…もずくも、いつかブログを

書籍化したいなぁ。

終わりに

以上、『天国に一番近い会社に勤めていた話』読書レビューでした。

 

是非、ハルオサンのブログや本を読んでみて下さいね!

色々と考えさせられますよ。

 

という具合で以上、もずくがお送りしましたー。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す