もずくの歴史散歩【津市久居地区】~野邊野神社と藤堂高通~

どうも、皆さん。

『歴女』属性をも併せ持つ元ナース・もずくです。

もずく
2018年も、年始の初詣はバッチリ!

お守りも買っちゃったもんね~。

2018年、始まって早半月。

年末年始にかけて、寺社に行かれた方も多いのでは?

 

さて、そこで皆さんに質問です(唐突ですが…)。

お参りした神社の歴史に、興味を持った事は

ありますか?

もずく
実は今年、気になったから

個人的に調べてみたんだ。

結構面白い事がわかったよ!

…と言うワケで今回は、もずく家が初詣に行った

【ある神社とその歴史についてまとめました。

 

津市在住(特に久居周辺)の皆さん

「藤堂家、何だか気になるんだけど…」と言う歴史好きな方

特にオススメの記事ですよ。

 

それでは、歴史を辿る散歩へ…いざ参らん!(?)

 

スポンサーリンク

もずく家の初詣@野邊野神社

 

2018年正月、もずく家は三重県津市にある『野邊野(のべの)神社』へ。

久居周辺の方、ココに初詣に行った方も多いのでは?

カエデ
駐車場ほぼ満車…

↑神社入り口付近にある掲示板。

イベント等はココでチェックですよ~。

 

↑本殿までの行列、ヤバいですね…ゆっくり進んでいきます。

↑今年は戌年ですよ~。

もずく家の運試し”おみくじ”引いてみた

本殿にて無事お参りを済ませて、『お守り』を入手!

今年は登録販売者の試験を受けるので、

『試験合格』のモノにしました。

 

…さて、初詣と言えば欠かせない定番【おみくじ】

もずく&カエデが、運を天に任せて引いてみました!

その結果を、この記事で一挙公開していきますよ~。

もずく
まずは、もずくのターン!

お願いしますよー…そぉいっ!

↑結果は中吉幸先良いですな!

カエデ
次はカエデのターン!

…そりゃぁ!

↑何と、大吉!コレにはテンション爆上がり!

 

おみくじ内容の詳細を読んで一喜一憂した後、

おみくじを指定の場所に結んで、神社を後にしました。

【オマケ】来月は節分祭!

↑こんなチラシが置いてありました。

 

2/3(土)の夜に、節分祭を行うそうですよ。

ソレにあたって「厄年の人」「年男・年女」を募集中。

どうやら祈祷等してもらえるみたいですね。

締切は1月31日なので、興味のある方はお早めに…。

 

☆詳細はコチラをチェック!(野邊野神社 公式HP)

 

野邊野神社の歴史 ~久居藩との関係~

2020年には記念事業を予定!

神社の境内には、今後行われるイベントのチラシの他に

こんなモノがあったので、持ち帰る事に。↓

何と、野邊野神社は2020年に【鎮座350年】を迎えるのだとか。

その年には、『野邊野神社』と言う現在の社名から

トンデモなく縁起の良い地名”久居(ひさい)”を冠する

旧社名『久居八幡宮』に戻すんだそうですよ。

もずく
”久居(ひさい)”って…確かに、他県出身のもずくは

スグに読めなかったし、変わった地名だとは思うけど…

え、縁起良いの?

カエデ
…え、俺に聞くの?

”平成の合併”で津市になった地区だから、

あんまり詳しくないぞww

…と言うワケで、『歴女魂』が疼いてしまったもずくが

色々と調べてみました。

”久居”の地名の由来 ~久居藩祖・藤堂高通

ソレは今から遡る事、約350年前の話。

藤堂高通(たかみち)公が、津藩主(兄)から領地を分け与えられて

城(と言うより”御殿”)を築き、城下町を建設。

『永久に鎮居する』という願いを込めて【久居(ひさい)】と命名。

こうして津藩の支藩・久居藩が成立したんだとか。

もずく
コレは、家督存続のための”保険”って意味合いもあるよ。

津藩の後継者がいない時、実際に久居藩から

何人か津藩主を出したらしい。

カエデ
『永久に鎮居する』って、

メチャ縁起良いよなぁ…。

高通公は、領内の村にあった八幡宮を「守護神」として崇めた上、

御殿の鬼門(縁起の悪い不吉な方角)に当たる

現在の野邊野神社の位置へお引越し!

藩の祈願所・総鎮守【久居八幡宮】として創設したんだそうですよ。

↑境内にある石碑。高通公に関する記載アリ。

高通公が詠んだ歌も、併せて刻まれていますよ。

もずく
ちなみに、藤堂高通公は

津藩祖・藤堂高虎公の孫にあたる人だよ。

和歌に優れた人だったらしい。

野邊野神社の歴史【近代~現代】

その後、明治時代には神社の統廃合によって

地区内の数々の神社と合祀。

土地の旧名に因んで、社名も「野邊野神社」(現在の社名)に改称。

高通公も、”相殿神”として祭られる事に。​

 

戦時中、津市街地には大規模な空襲があったものの

久居は戦災を免れた模様。気候は温暖で災害も少なく、

その名の通り、何かと縁起が良い土地みたいですね。

野邉野神社は、そんな感じで現在に至るまで

篤い信仰を集めているようですよ。

(参考:Wikipedia「津藩」「藤堂高通」/野邊野神社 公式HP)

 

この地区を統治していた大名・藤堂家と関係があるとは、

実に興味深く面白い話ですね!

 

☆野邉野神社…公式HPはコチラから/Facebookページはコチラ

 

スポンサーリンク

久居藩の御殿の跡地【久居陣屋跡】へ突撃!

さて、ココでもずくは好奇心の赴くまま

久居藩の御殿の跡地を調べ、実際に足を運んでみました!

以下、その突撃レポをどうぞ。↓

久居陣屋跡 ~高通児童公園~

住宅街を奥へ進んだ先、”久居中学校”の近くに

ひっそりとありました!

その名も【高通(たかみち)児童公園】

久居藩祖・藤堂高通公の名前が公園名に。

カエデ
うわぁ、表記が久居市(津市との合併前)の

ままの看板がある…。

 

↑記載内容がイマイチ判読できない謎の石碑。(詳細情報求む!)

↑「併合記念」と刻まれた石碑。津市との合併記念?

 

”児童公園”との名の通り、子どもが遊べそうな遊具はあるものの

経年劣化で錆びたり、古びたりしたモノが多かったですね。

遊ぶ子どもも散歩する人もなく、寂れた印象…

もずく
…まぁ、散歩には丁度良いかも。
カエデ
園内に桜の木が植わっていて、

春には咲くみたいだから…

花見の隠れた穴場としては良いかもねぇ。

 

↑園内にあった『高通公生誕350年記念』石碑

俳句・和歌に優れていた高通公の詠んだ句が刻まれています。

かつての”御殿”とその”城下町”

↑公園入口付近にある看板。解説文付き。

 

昔、ココの辺りには久居藩の御殿があったそうです。

久居藩主は城主格ではあったものの、築城は認められず

御殿と城下町を建設。

その御殿に、藩の役所と居住区を置いて「陣屋」となったんだとか。

↑看板掲載の『久居陣屋城下図』を拡大撮影。

 

かつては多くの武家屋敷、町屋が建ち並んでいた模様。

”交通の要所”としての立地から、

旅籠(宿屋、旅館の事)として栄えたんだとか。

 

明治維新(武家政治の終焉)と共に、久居陣屋も取り壊し。

現在は、公園”久居中学校”の敷地の一部となっていますよ。

(参考:Wikipedia「久居陣屋」)

 

【まとめ】藤堂家津市との関係性が面白い!

この辺りを治めていた藤堂家と

津市(今回は旧久居市ですが…)との関係性について、

調べれば調べるほど面白い事がわかりました。

もずく
…『歴女』魂に、完全に

火が点き申した!

ちなみにこの藤堂家、現在も存続していて

子孫がいる模様。

カエデ
まぁ、流石に津市内には

住んでいない…のかな?

近い内に、津藩祖・藤堂高虎公についても記事にする予定です。

今後も随時、市内各史跡の取材をやっていきますよ~。

乞うご期待…?

終わりに

…以上、野邉野神社と久居藩の歴史について

お送りしました。

 

皆さんも、身近な地域の歴史を紐解いてみると、

意外と面白い事が分かるかもしれませんよ~。

興味を持った方、是非調べてみては?

 

という具合で以上、もずくがお送りしましたー。

 

スポンサーリンク

コメントを残す