【移住のすゝめ】三重県においでよ。三重県民が移住のメリットを語ってみた。

三重県への移住で、心身ともに穏やかに。

(元愛知県民・談)

 

どうも、皆さん。

三重県民(元愛知県民)のもずく(@mozuku_on7sea)です。

 

近年、何かと話題の『地方移住』

地方でのマターリ暮らし、良いですよね~。

google検索で調べると、移住に関する情報が豊富に得られます。

 

今回は、三重県民なブログ助手と

愛知県からの移住民なブログ管理人が

移住先としての『三重県』の魅力を語ります。

 

この記事は、こんな方にオススメですよ。↓

こんな方にオススメ
  • 地方に移住したいけど、どこに住むか迷う…。
  • 住むかどうかはさておき、三重県に興味アリ!
  • 三重県の良いところを知りたい!

 

それでは、早速いってみましょう。

 

スポンサーリンク

実はあまり人気がない?移住先としての”三重県”

伊勢志摩、鳥羽と観光地を多く持つ三重県。

しかし、住むとなれば話は別。

実は、移住先としての人気はあまりない模様。

☆移住先としては人気ナシ?情報源はコチラ↓

(《ふるさと回帰支援センター》HPより)

 

《ふるさと回帰支援センター》が公開している

『移住希望地域ランキング』には、ほぼ名前が挙がりません…。

三重県に住む上での”デメリット”が気になる…?

デメリットと言われてパッと思い付くのは、何と言っても

地震(東南海地震)の事ですね。

『これから大地震が来る危険性のある県に、移住したいとは思わない』のかも。

カエデ
特に、県南部の海に近い市は

震源地が近くて、バカでかい津波に襲われるとか。

もずく
だったら、海に近い市を選ばなければ良いだけでは?

カエデ
まあまあまあ。落ち着けYO。

 

大災害が来る危険性がある事以外にも、デメリットは

いくつかあります。↓

三重県に住むデメリット
  • 大都市が無い 
  • 強力なスポーツチームが無い 
  • 公共交通機関が不便
  • 車が必要になる可能性が高い
  • 首都圏から遠い     
カエデ
要するに、田舎って事ですな。

 

しかし、この記事ではあえて

移住先としての三重県の良さを語っていきます!

 

スポンサーリンク

”三重県”に住む事のメリット

その1:近鉄=神《三重県民御用達の交通手段》

日本最大の私鉄・近鉄。

三重県内には近鉄の駅が多数あり、 近鉄圏内の移動が容易なのが◎。

県内の都市間の移動は、主に近鉄を使用する事に。

 

そして、近鉄を使えば

大阪・名古屋・京都・奈良へ容易に行く事ができます!

急行を使うと時間が掛かるので、急ぐ場合は”特急”推奨。

三重県中南勢(津市~伊勢市)からであれば、

これらの都市へは2時間弱で行けますよ。

もずく
愛知県だと、そういう手段は

新幹線しかないねぇ。

 

…さて、この辺で「えっ?JRは?」という声が聞こえてきそうですね。

県内には、『関西本線』『名松線』『参宮線』『紀勢本線』と

4つの路線があります。

しかし、何と言っても本数が少ない!

一本乗り遅れると、次の電車まで相当長く待つハメに。

便利なのは《快速みえ》くらいですね。

もずく
愛知県で言う『JR東海道本線』の便利さに

慣れていると、うっかりJRを使おうとして

白目を剥く事になるので、要注意…。

 

 補足《JR名松線》

『JR名松線』は映画「WOOD JOB!」のロケ地・津市美杉町へと至る

数少ない手段。

幾度もの廃線の危機を乗り越えた”奇跡のローカル線”なので、

興味のある方は訪れてみては?

現地の市民団体が、頑張って宣伝している模様。

 

 

その2:インフラが整った”地方都市”多数

移住希望地域ランキング』によれば、

農村や山村、漁村といった”ド田舎”よりも

地方都市を希望する割合が高い模様。

三重県には、地方都市が多くあります。

県庁所在地である津市をはじめ、

四日市市、鈴鹿市、桑名市、伊勢市、伊賀市など。

 

東京や大阪、名古屋のような便利さはないけど、

極端な不便さもありません。

エンタメは少ないけど、

生活に困らないレベルのインフラが整っている場所が多くありますよ。

カエデ
イオン、マックスバリュの店舗が

各地に点在しているから、ホントに困らない!

もずく
三重県は、イオン系列のお膝元だからね。

 

さらに、 賃貸の家賃もそこそこリーズナブル。

もずく
都会の賃貸の家賃と比べたら、

痛いくらいによくわかるよ~。

 

三重県

津市

名古屋市

中川区

大阪市

平野区

東京都

葛飾区

人口(人)278,440220,436193,219463,099
家賃(円)62,00072,00073,000115,000


都会の家賃はお高いですね~…(汗)

 

その3:気温差が激しくない

鳥羽市より南の地域や山間部はさておき、

それ以外の地域では、基本的に気温差が激しくないのがポイント。

☆三重県 県庁所在地(津市):月別の平均気温、平均降水量、雨温図

1月2月3月4月5月6月
最高気温9.29.712.918.422.626.0
平均気温5.35.68.514.018.622.4
最低気温1.92.04.79.914.919.3
降水量(mm)43.959.0109.9127.9177.1200.4

 

7月8月9月10月11月12月
最高気温30.031.227.722.216.911.9
平均気温26.327.524.018.312.77.8
最低気温23.424.421.014.89.04.2
降水量(mm)180.3137.0273.1150.783.538.5

◎年間平均気温:15.9℃

(『気温と雨量の統計』より、グラフを引用)

 

冬は比較的暖かく、夏は比較的涼しい。

極端な暑さ・寒さや、激しい気温差によって

心身共に調子を崩される事が少ないんです。

 

その4:人が穏やか

悪く言えば「おとなしい」とも言われる三重県人の気質。

かつて”お伊勢参り”にやってきた人々に、愛想を振りまいて

商売をしてきた事に由来するんだとか。

カエデ
愛想を良くして、一銭でも多くry)

 

基本的に、温厚な人が多いのが特徴です。

人間関係は濃くもなく薄くもなく、心地良いレベル。

もずく
愛知県民と違って、時間に追われて

せかせかしている感じが無いね。素晴らしい!

 

その5:特にオススメ!伊勢神宮のお膝元『伊勢市』

主要な駅である『伊勢市駅』『宇治山田駅』には、近鉄特急が停車。

本数は多くないかもしれないけど、大都市圏への移動がしやすくて◎。

 

”伊勢神宮”の存在もあって、景観保全がされています。

街が小綺麗! も綺麗!

さらに、近隣に水族館が3つも。

どの水族館も、キャラが立っていて飽きません。

☆近隣の水族館の公式サイトはコチラから↓

 

【補足】愛知県からの移住民が語る「愛知県と比較して、三重県は○○だ!」

ここからは、愛知県からの移住民でもある管理人が

愛知県と三重県との比較論を語っていきます。

もずく
まず、愛知県より空気がキレイ。

全然臭くない!

 

”移動”の面から考えてみる

JRはイマイチだけど、近鉄が便利だから

公共交通機関の面ではさほど困っていません。

(なお、車の運転免許の必要性は、愛知県<<三重県)

 

災害の危険性について…愛知県も危険度高し!

ちなみに、地震云々の話は

愛知県にいても結局同じ事かと。

海が近く、海抜が低い市もありますし…

内陸に活断層を抱える他、静岡県にプレートが横たわっている事もあり

「東海地震が~」と言われ続けて早数十年が経ちます。

 

”就業”の面から考えてみる

就業と言う面では、愛知県の方が仕事は多いかと。

何といっても、大企業の支社や本社が多数あるので。

 

その点、三重県は若者がどんどん巣立ってしまう側

一応、『Uターン・Iターン支援』

三重県ではやっているようですが、実績は定かではないですね。

 

三重県への移住に興味がある人へ一言

三重県では、移住支援などもやっているようです。

古民家などの軒数もある様子なので、本気で移住を考えるなら

一度相談してみるのもアリではないでしょうか?

 

終わりに

以上、”三重県への移住のすゝめ”に関する記事をお届けしました。

三重県に少しでも興味が出てきたら、

是非一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

という具合で以上、もずくがお送りしましたー。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す