”親知らず”抜くと痛いって本当?【親知らず抜歯】体験レポ

どうも、皆さん。

歯並びの悪い事に定評のある元ナース・もずく(@mozuku_on7sea)です。

 

最近、数年振りに抜歯してきました!

しかも、『抜歯が痛い』巷でウワサの”親知らず”

 

今回は『親知らずの抜歯に至るまでの経緯』と

『実際に痛かったかどうかの体験レポ』

『抜歯後の注意点』…等々を記事にまとめてお伝えします!

 

スポンサーリンク

抜歯に至るまでの経緯

ソレは約1年前の話。

娘の妊娠中、あれだけ酷かった悪阻が

まるで嘘のように消失して、しばらく経ったある日の事。

 

母子手帳に”歯科検診欄”があった上に、

かかりつけの歯科医院から『定期健診のお知らせ』のハガキ

届いていたので、予約していく事に。

 

いつも通りの健診内容で

もずく
歯磨きのダメ出しされて、歯石取って掃除されて

終わるかなぁ~。

…と油断していた所、残念なお知らせが。

 

歯科医「左上の親知らずの噛む面が、小さい虫歯になってますねぇ。」

もずく
…あぁ、悪阻が酷くて、

なかなかキッチリ

歯磨きできなかったもんなぁ。

歯科医「この大きさなら緊急性はないし、妊娠中は抜歯しにくいから

一年経ったら健診でまた来てくださいね~。その時に抜きますので。

もずく
…ん?抜歯前提になってるぞ?!

そして、月日は過ぎ…

約一年後に予告通りの健診ハガキが届いたのでした。

抜歯前夜~当日 ー抜歯体験レポー

もずくの抜歯前夜 ~妙な恐怖心~

久々の定期健診後…

二週間くらい後の都合の良い日に予約を取って、その日までに覚悟を決める事に。

その間、ネット上の情報やブログ助手の体験談を見聞するつれて、

妙な恐怖心がジワジワと沸き起こってきました。

 

”親知らずの抜歯は格別で、とにかく痛い”

”鎮痛剤を飲まないと本当にヤバい”

もずく
…どんだけ痛いんだ?
もずく
何はともあれ、出産よりは痛くないだろう!

自分に半ば無理やり言い聞かせて、布団に入りました。

抜歯当日 ~かかりつけ歯科医院、到着~

数年ぶりの抜歯から来る妙な緊張感と、

前日までに育て上げられた(?) 妙な恐怖心の影響で、

歯科衛生士さんの顔を直視できず。

引きつった苦笑いを浮かべる他ない状況…(笑)

抜歯後の注意事項 ~これだけは守ろう10か条~

抜歯前に、”抜歯後の注意事項”の説明を先に受けました。

注意事項が結構多いんですが…補足を加えて

ざっくりまとめると以下の6個

これから抜歯される方、参考にどうぞ。

・抜歯後に噛んだガーゼは、約20~30分間そのまま強く噛む。【止血目的】

・ガーゼを外したら、一回目の鎮痛剤を飲む。

【麻酔が完全に切れる前に、前もって鎮痛作用を得ておく】

・食事は麻酔が切れてから。水分は熱いモノを避ける。

【感覚が鈍くなっていて、ケガや火傷の危険性あり】

・抜歯当日は激しい運動・飲酒・入浴を避ける。シャワーはOK。

【血管が拡張され、血流が良くなる⇒止血しにくくなる】

・抜歯翌日頃まで、ブクブクうがい禁止。水を含んで吐き出すだけにする。

【傷口を塞ぐ血液の塊≪専門用語で“血餅(けっぺい)”と言う≫が取れて、

治りが遅くなる等の悪影響が出る危険性あり】

・化膿止め(抗生剤)は処方分を必ず飲み切る。【傷口の感染予防】

抜歯後に自宅で調べてみたら

注意事項、まだまだありました。

4個追記しておきます。(合計で10個) ↓

・抜歯当日の喫煙を避ける

【血管収縮作用により、血餅の形成が不完全になる⇒治りが遅くなる。】

・指・舌などで傷跡をいじらない

【傷口をいじると、血餅が外れる危険性あり。】

・抜歯後の歯磨きに注意!抜歯の傷口に歯ブラシを当てない

【歯ブラシの毛先が引っかかり、血餅が外れる危険性あり】

・抜歯後、何かを吸いこむような動作はNG

(麺類を食べる時、ストローで飲む時など)

【口腔内が陰圧になり、傷口にはまっている血餅が吸い出される危険性あり】

 

(『歯の教科書』より、部分要約)

 

抜歯後の注意事項について 

結構ゴチャゴチャしていて、生活上の制約も多く感じます。

しかし、これらの注意事項は

抜歯後の傷口が早く治る為に必要な事です。

必ず守るようにしていきましょう!

 

いよいよ抜歯! ~さらば、左上の親知らずよ~

一通り説明を受けてから歯科医が来て、いよいよ処置。

ざっくりした流れは以下の通りです。

 

口を開けて、抜く歯を確認。

抜く歯の周りを消毒

消毒液がたっぷり付いた綿球でフキフキ。

局所麻酔!

刺す時チクンとします。

しばらくすると、注射された部分の周囲に痺れた感覚が広がります。

抜歯!

麻酔の効き具合を確認後、ペンチ的な器具で抜歯。

”グイグイッ”と圧迫されるような感覚があります。

ガーゼを噛んで終了

 

…と、麻酔が効いている間に

想像していたよりは短時間で終わりました。

 

歯科医曰く、

「歯の分割もいらず、シンプルな手順で抜けましたよ。

時間もそんなに掛かってないです。」との事。

もずく
…は、歯の分割?

何はともあれ、今回はどうやら普通に抜けたようです。

そんな抜歯の術式を反映したのか、お値段も安く済みました。

3割負担にて、会計1290円なり。

 

翌日に消毒がいるとの事でしたが、抜歯日はちょうど土曜日。

月曜日に消毒の為の予約を取りました。

 

これから襲い来るであろう激痛内心ビクビクしながら

指示通りきっちりとガーゼを噛み締めて

歯科医院を後にしました。

もずく
「抜いた歯を持って帰られますか?」

って聞かれたよ…。

時々、記念に欲しがる患者(!)がいるらしい。

当然、持ち帰らなかったけど…。

スポンサーリンク

 

本当の戦いはこれから? 抜歯後~消毒まで

指示通りに、ガーゼ外して鎮痛剤を一錠飲みました。

次に飲めるのは6時間後。

 

麻酔が効いている間は、

痺れた感覚があって何だか喋りにくかったですね。

 

想像はしていたけど、やっぱり抜いた後の違和感がスゴイ!

ついつい舌先で、抜いた穴をつついてしまいました(笑)

 

今回は、時間が経っても特に痛くなかったです…が、

カエデ
今晩がヤマだから!

との謎の脅し(?) を受けて、6時間後に鎮痛剤を1錠。

 

抜歯した側と反対側の歯で噛むようにしていても、

夕食の食べカスが抜歯後の穴にハマりました…。

お茶を口に含んでクリアしましたが。

 

特に痛む事無く、その日は就寝。ぐっすり眠れました。

翌日も痛くならず、鎮痛剤は2錠内服したのみ。

 

月曜日、消毒の為に再度歯科へ。

抜歯後の痛みと傷の確認後、

消毒液たっぷりの綿球でフキフキされて終了!

「抜歯後の経過も問題ないので、次の健診でお会いしましょう。」との事。

こうして親知らず抜歯の件は無事終了!

もずく
痛くなくて良かった!

 

後日調べてわかった事は、以下の三点

・抜歯後の痛み:上顎<下顎

・抜歯が複雑・困難であるほど、痛みが取れるのに時間が掛かりやすい。

・抜歯が複雑・困難であるほど、会計での自己負担額も高くなる。

(『歯の教科書』より、部分要約)

 

今回、やたら脅してきた(!)ブログ助手の体験談を聞くと、

  • の奥の親知らずを抜いた。
  • 鎮痛剤を飲み忘れていた ⇒ 麻酔が切れた後に、激痛でのたうち回った

 

…との事。

もずく
痛みの感じ方には個人差が

あると言うけれど…

と、とにかく抜歯後の鎮痛剤は必須かな…。

今回のケースは、単に『運が良かった』だけかもしれません。

事前にキツめの忠告をしてくれたブログ助手に、ひとまず感謝…?

終わりに

…以上、親知らず抜歯体験記でした。

1ミリでも抜歯時の参考になれば幸いです。

 

抜歯した部分は、未だポッカリと穴が開いております。

歯磨きでゴリっとしないように

慎重に歯ブラシを操作する日々です。

 

という具合で以上、もずくがお送りしましたー。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す