【登録販売者マンガ】新型コロナ編:解熱の章『第2次アセトアミの変』

第2次アセトアミの変

時は今 あの解熱剤を 追い求む

 

どうも、皆さん。

急激な温度変化で、一気に鼻と喉をやられた

もずく( @mozuku_on7sea )です。

 

前回からスタートした《登録販売者マンガ 新型コロナ編》

コロナ禍のドラッグストアで起きた

あんな事やこんな事を描いた話を

順次お届けしていく”特別編”です。

 

今回は、前回記事での予告通り

時系列が一気に現在近くに。

新型コロナのワクチン接種に関連して、

再び脚光を浴びた”あの解熱鎮痛剤”に関する

完全新作(!)のエピソードをお届け。

もずく
完全新作、描くのに

時間掛かっちゃった…。

 

それでは、時計の針を

2021年の春夏~秋の辺りに合わせてみましょう…。

 

スポンサーリンク

 

《登録販売者マンガ》新型コロナ編:序章『マスクが消えた日』

コミナティとモデルナ

 

副反応が『とてもつらい』もずく

 

大人気のアセトアミノフェン

 

アセトアミノフェンの発注不可

 

幻の存在

 

厚労省の発表と解熱鎮痛剤

 

困る子どもと親

 

登販会議

 

解熱鎮痛棚のメンテナンス

 

スポンサーリンク

 

【発熱の章:第2次アセトアミノの変】解説

前回の話から1年以上経過した時期の話。

”新型コロナウイルス感染症”に対するワクチンが開発され、

何と予防接種を受ける事が可能に。

カエデ
こんなに早くワクチンができるとは…!

”新型コロナ”が流行り始めた頃には

考えられなかったなぁ。

 

その予防接種に関連して、ドラッグストアでは

普段とは違う現象を目の当たりにする事に…。

 

1・2コマ目

★『コミナティ』と『モデルナ』

”新型コロナウイルス感染症”に対するワクチンである

『コミナティ』と『モデルナ』。

実際のバイアル(容器)の写真等を参考に描いてみました。

イメージカラー
  • コミナティ⇒青系~紫色
  • モデルナ⇒赤系と水色

イメージカラーに準じたオーラも放ってて、

何か強そうww

カエデ
”赤いきつね”と”緑のたぬき”みたい…ww

 

★ワクチンの”副反応”

現在、日本で接種が進められている新型コロナワクチンでは、

  • 接種後に注射した部分の痛み
  • 疲労
  • 頭痛
  • 筋肉や関節の痛み
  • 寒気
  • 下痢
  • 発熱

等がみられることがあります。

こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。

厚生労働省『新型コロナワクチンQ&A』より、一部引用)

↑個人差はありますが、ワクチン接種後は

上記のような副反応が現れる場合がある…との事。

 

もずくも、秋頃にようやくワクチンを打てたんですが…


2回目は、1回目よりも副反応がキツくて

なかなかしんどかった…(汗)

イラストの通り、仕事から帰宅してからは

布団にダイブして唸ってました。

もずく
とても つらい 
カエデ
ちょw

”横山●輝 三国●”ネタwww

 

接種の翌日は、1日まるっと休みにしておく事をオススメ(切実に)

 

3~5コマ目

★注目の的は…

そんな副反応に対する解熱鎮痛剤として、

注目を集めたのがアセトアミノフェン

お客さんからは「”カロナール”ありますか?」

との問い合わせ多数。

カエデ
《帰ってきた…》って、どういう事?
もずく
この騒動が《第2次》という事は、つまり

《第1次》があるという事だよ…(遠い目)

 

成分がアセトアミノフェンonlyの市販薬として有名な

『タイレノール』は瞬く間に品切れ。

↓のようなアセトアミノフェン製剤をご案内する事に。

 

↑「腰痛」と大きく書いてあるけれど、様々な痛みや解熱に使える一品

 

↑頭痛・生理痛以外の痛みにも◎。大人もモチロン使えます。

外箱・パッケージの影響力、というのは大きいようで

ピンク色の箱と表記された文言を見て

「箱がかわいらし過ぎるから、やめておくわ…」

という年配のお客さんもチラホラ。

 

★話題と共に去った存在へ、再会を願うも聞き届けられず

↑で挙げた製品も、やがて売り場から

姿を消してしまいました…。

アセトアミノフェンが話題になったばかりの頃は

発注すれば多少入荷があったんですが、

しばらくすると発注停止のエラーが返ってくるように。

 

このコロナ禍で、

何らかのキッカケで、特定の商品が注目を集める

問い合わせ殺到⇒爆発的に売れて、商品が品切れになる

③発注しても入荷しない or そもそも発注できない

問い合わせ殺到⇒品切れへの謝罪ラッシュ

(事情を説明しても、一部の客はスタッフに悪態をつく)

 

…という現象の繰り返しに、内心ウンザリしていたもずく。

そんなもずくのセリフの元ネタはコチラ↓


そして、アセトアミノフェン製剤は

自身のレア度を急速に高めて、

雲の上の存在になっちゃいました…(遠い目)

もずく
気まぐれに売場に降臨される感じだよ…

 

6・7コマ目

★NSAIDs使えまーす⇒解熱鎮痛剤が爆売れ

ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬で対応いただくことも考えられますが、特に下記のような場合は、主治医や薬剤師にご相談ください。(中略)

市販されている解熱鎮痛薬の種類には、アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェンやロキソプロフェン)などがあり、ワクチン接種後の発熱や痛みなどにご使用いただけます。

厚生労働省『新型コロナワクチンQ&A』より、一部引用)

↑のように、

『アセトアミノフェンだけじゃなくて

他の解熱鎮痛剤も、ワクチンの副反応に使えますよ~』

というアナウンスが厚労省から発表されました。

カエデ
コレは朗報だねぇ
もずく
全ての人が使えるワケじゃなくて、

その人の状況によるんだけどね~。

 

「…で、副反応にはどの市販薬を使ったら良いの?」という件に関しては、

↓の記事でわかりやすくまとめられているのでオススメ。

★薬剤師・Fizz先生(@Fizz_DI)のブログをチェック!

 

ワクチン接種が進むにつれて、解熱鎮痛剤に関する

お薬相談が激増!

「今度ワクチン打つんだけど、副反応にどの薬がいいのかわからなくて…」

という主旨の相談が、出勤する度に何件もありました。

カエデ
登録販売者、大活躍ですな!

 

★その成分、本当に必要?

その一方で、相変わらずセルフでの購入も多数。

一部の有名な解熱鎮痛剤は、登録販売者から

オススメしなくても、自然と爆売れしていきました。

もずく
そして、”発注停止”というパターン…(白目)

 

自然と売れていった薬の中には、

催眠鎮静薬を含む製品も数種類ありました。

◎催眠鎮静剤とは…

「催眠鎮静薬」は、文字通り「眠くなる薬」です。そのため、「薬を飲んで寝てしまいたい」という時には便利なこともありますが、薬を飲んで仕事や勉強を頑張りたいとき、用事をしたいときには、かえって邪魔な成分になります

(※服用後に自動車を運転することも厳禁です)

そもそも、これらの成分は痛み止めの効果を助ける目的で配合されているものですが、その有益性の根拠は乏しく、医療現場でも熱や痛みを和らげる目的で使われることは基本的にありません。

お薬Q&A 〜Fizz Drug Information〜 『ワクチン接種後の熱や痛みには、どの薬を選べば良いですか?~市販薬を使う際の注意点』より、本文一部引用)

都会とは異なり、移動には車が必須とされる三重県。

鎮静成分が配合された市販薬は

『してはいけないこと』(要するに”禁止事項”として

車の運転が挙げられているのですが…。

カエデ
あっ…(察し)
もずく
資格者に一言相談してもらえれば、

こういう成分が入ってないのを

オススメするんだけど…(遠い目)

 

かくして、医薬品登録販売者・もずくの脳内を

駆け巡ったのはコチラの言葉。

『ねぇ、その成分、本当に必要?』

 

《セリフ》に関する補足

【下記のセリフに脳内吹き替えしてお楽しみください】↓

 

ねぇ、鎮静成分、本当に必要?

ねぇ、運転するんだよね?

眠くなる必要ってあったかなぁ?

”余分な成分”ってあるんだよ

実は”余分な成分”って、あると思うんだよ

眠くなる成分、いらなかったんじゃないかなぁ?

その成分、いらなかったんじゃないか?

 

★”小児用”のお薬難民

「アセトアミノフェンが無ければ、他の薬を飲めばいいじゃない!」

というのは、成人(15歳以上)限定のお話。

15歳未満の小児が飲める市販薬は

限られた一部の製品のみ…というのが実情。

もずく
かつ”催眠鎮静剤”を含まないシンプルな薬は

アセトアミノフェン製剤だよ。

 

↑の薬が使えるのは3歳~14歳まで。

(15歳以上の人への”用法・用量”は設定されていない)

この騒動の中で品切れ⇒発注停止になってしまいました。

という事で、小児用の解熱鎮痛剤を入手できず

困る方がチラホラと…。

もずく
うぐぅ…非常に申し訳ない…
カエデ
…大の大人が、成分を調べて

”大人用に”コレ買っていった可能性ってあるの?

もずく
ソレは”神のみぞ知る”案件でしょうな…。

 

8・9コマ目

★柱合…ならぬ登販会議

会議中

ある日のお薬相談カウンター付近。

売場メンテナンスをしていたもずく、気付いたら

たまたま近くで仕事していた他の登販のスタッフと

小児用(15歳未満)の解熱鎮痛剤について話し合っていました。

(半分くらい、もずく自身の実話)

もずく
突発的な話し合いだったので、

”会議”と言うほどカタい雰囲気じゃなかったよww

 

店舗に巡回に来たメーカーさんが

「アセトアミノフェン配合」「○歳から使えます」

という掲示物を、製品や売場に施していってくれるんですが…

登販から見たら、催眠鎮静剤が含まれている等の理由で

実はオススメしない製品もいくつかあります。

カエデ
学校で、授業中に眠くなったら嫌だもんねぇ。
もずく
そうなんだよね~。

あと、”依存性”の問題もあるからねぇ…。

 

小児用の解熱鎮痛剤をお求めの際は、是非

登録販売者にお気軽にご相談くださいね~。

 

★メンテは続くよ どこまでも

売れ筋の製品の陳列スペースは、その製品が売れると

ガバッと空白地帯に。

なので、隣の製品で空きを埋める…等、お手入れが必要なんです。

もずく
発注して商品が届くと良いんだけど、

解熱鎮痛剤は発注できないモノが多くて…(白目)

 

ワクチン接種が始まって以来、解熱鎮痛剤の棚は

その姿形が乱れやすいので、

出勤する度にこまめに整えています。

もずく
地道…だけど大事な作業なんだよ。

 

発注停止の製品が、再び発注できるようになって

解熱鎮痛剤の棚が本来の姿に戻るまで、

あとどれくらいの期間が必要なんでしょうね…(遠い目)

 

【オマケ】副反応がしんどい時に使ったアイテム

もずく自身が予め用意していたモノ・お世話になったモノがコチラ↓

解熱鎮痛成分だけのシンプルなお薬。成分の配合量も申し分ナシ!

2回目の接種後、しんどい時に2回内服

⇒現在、自宅の救急箱で待機中。

 

終わりに

以上、《登録販売者マンガ》新型コロナ編『発熱の章』 を

お送りしました。

 

次回も、引き続き《新型コロナ編》をお届け。

時系列は一気に過去へ。

現在も必須の”あるアイテム”(マスクじゃないよ!)

不足していた時期の話をお届けします。

お楽しみに~。

 

という具合で以上、もずくがお送りしましたー。

 

あわせて読みたい《関連記事》

登録販売者の”実務”にお役立ちな記事はコチラ↓

 

《登録販売者マンガ》エピソード順次追加予定!【新型コロナ編】はコチラ↓

 

【Before コロナ編】一気読み!《登録販売者マンガ》はコチラ↓

 

スポンサーリンク

 

第2次アセトアミの変

コメントを残す