【登録販売者マンガ】第2話『世界の中心で棚替えを叫んだ者』

登録販売者マンガ 第2話

輪(まわ)る棚替えドラム

(季節ごとに棚の商品が乗り替わるが、別に”運命の列車”は乗り替えない)

 

どうも、皆さん。

コロナ禍(第3波)でも営業中!

現役ドラッグストアスタッフのもずく(@mozuku_on7sea)です。

 

《登録販売者マンガ》第2話…というワケで、

季節の変化に対応する

ドラッグストアの舞台裏についてお届け。

 

それでは、早速覗いてみましょう!

 

スポンサーリンク

《登録販売者マンガ》第2話『世界の中心で棚替えを叫んだ者』

棚替えの季節

新商品

入りきらない商品

倉庫内のオリコン

 

スポンサーリンク

 

【第2話】解説・コメント

商品棚

ドラッグストアでは、半年に一回(春夏に1回+秋冬に1回)

売場の大規模な模様替えをします。

商品の配置を変えたり、

季節に応じて商品を出したり引っ込めたり。

もずく
ヒトで例えるなら”衣替え”ですな。

 

大規模な棚替えをする時、

ドラッグストアの舞台裏(と言う名の倉庫)では

何が起こっているのか…?

この《第2話》で紐解いていきましょう。

 

1コマ目《棚替え、襲来》

棚替えについて解説しているコマ。

夏は、主にこんな商品が

売場に広く並んでいますよ。↓

夏と言えば…
  • 皮膚薬(虫刺され・あせも)
  • 熱中症対策用品
  • 殺虫剤・虫除け用品
  • 日焼け止め
  • 制汗剤・汗拭きシート
  • 冷たい飲料・アイスクリーム

もずくの勤務先は、田舎(山)の大型店。

虫刺され(ハチ含む)のお薬相談、多かったですよ〜。

どうにもが多いので、刺された後の皮膚薬含め

虫関連の商品はよく売れますね。

 

山に住むなら、持っておいて損ナシ!

(もずくの職場では取り扱いナシ)

 

汗っかきのもずくは、夏場の“汗拭きシート”は必需品。

職場で頻繁に買ってましたww

 

一方、冬はこんな感じ。↓

冬と言えば…
  • 風邪薬・咳止め薬・鼻炎薬
  • 胃腸薬(飲み会・食事会で消化器系不調)
  • 皮膚薬(乾燥肌・肌荒れ・アカギレ・しもやけ)
  • 保温用品(ホッカイロ・衣類)
  • スキンケア用品(ハンドクリーム・リップクリーム等)
  • 食品(鍋関連・年越し麺類・餅など)

今(2020年12月現在)、ドラッグストアの店頭に

目立つように広く展開されているのは、

風邪薬と保温用品、スキンケア用品ですね。

もずく
”ヘパリン類似物質”の商品が

何かと話題だねぇ。

 

最近、店頭で品薄になるほど人気の商品↓

 

今年(2020年)はコロナ禍で

「こんな時期だから、ちょっとした事では病院行きにくい…」

お薬相談が多め。

もずく
そろそろ胃腸薬の勉強しよ…

 

2コマ目《見知らぬ、商品》

新商品

本部からの棚替えの指示に合わせて、

新商品が各店舗に届きます。

 

大規模な棚替えでは、商品の入れ替わりが激しく

新商品が詰まったオリコンや段ボールが

たくさん届きますよ。

もずく
本部からの”愛”も

詰まっていると信じたい…

 

指示表を見るよりも早く、

本部から届いたオリコンの数と内容物で

棚替えの襲来を何となーく察する事も…ww

カエデ
そんなに大規模な模様替え、

一度に指示が複数来たら大変なのでは?

もずく
まぁね~(白目)

悲鳴を上げつつ、何とか対処してるよ(苦笑)

 

3コマ目《棚割表の価値は》

“棚替えあるある”その1。

タテ(高さ)やヨコ(幅)が足りなくて

指示の通りに商品が入らないヤツ。

こんな時は、手だけでなく

アタマも動かして作業していく必要アリ。

棚替え

どうにも狭くて入らない場合、

他の商品の陳列を調整して何とかします。

商品を立てたり、列を減らしたり

向きを変えたり…。

 

逆に、棚のスペースが余ってしまう場合は

商品を寝かせたり、高く積んだり

列を増やしたりして、余白を埋め立てていきます。

 

ところで、棚替指示を作る本部の方々は

実際の棚と商品で陳列できるか

試しているんでしょうか?

もしくは、pc上でシュミレーションしてるとか…?

もずく
この辺の事情に詳しい方、

情報をお待ちしております…(爆)

 

4コマ目《瞬間、オリコン、重ねて》

“棚替えあるある”その2。

売場から撤去した商品(棚落ち品)は、一旦オリコンに収納。

その後、指示に従って

値下げして売り切ったり、返品したり…。

値下げしました

返品できるなら良いんですが、問題は値下げ売切の場合。

売れていくまでの間、オリコンの数が減りません…。

もずく
値下げの作業も地味に大変…(白目)

 

オマケに、棚替えシーズンは

次々と新商品が大量に届くため、

倉庫が徐々に狭くなっていきます。

もずく
ひどい時は、オリコンが積み上がって

壁化しとる…。

カエデ
そのタイミングで、強い地震きたら

結構ヤバくね…?

 

今年(2020年)は、コロナ禍で

マスク・消毒液・ハンドソープの在庫

それなりの量置いてあるので、ますます倉庫が狭くなりがち。

もずくの職場も例外ではありません…。

倉庫

とは言え、倉庫は普段から

なるべく整理整頓しておきたいですね。

 

…と、こんな感じのドラマが

ドラッグストアの舞台裏(倉庫)で

繰り広げられております。

もずく
大規模な棚替えは結構大変…orz

 

大規模な棚替えが終わると

随時、中~小規模の棚替えがあります。

何らかの理由で販売終了の商品を引っ込めて、

新発売・話題の商品を売場に並べる…というモノ。

 

すなわち、売場は常に一定にあらず

大なり小なり絶えず変化しているんです!

カエデ
まるで、水の流れのようだねぇ。

 

その事をアタマに置いておくと、

ドラッグストアで買い物するのが

ちょっと楽しくなるかもしれませんね。

もずく
季節の変化を感じつつ、

ゆっくり買い物していってね~。

 

【オマケ】イラスト『実際やったら怒られるヤツ』

ドラッグストア店員にとってお馴染みの

”アレ”に乗って、倉庫内を疾走するもずく↓

台車に乗るもずく

…実際にやった事はありませんww

 

おわりに

以上、《登録販売者マンガ》第2話を

お送りしました。

 

今後も順次、解説・コメントを付けて

《登録販売者マンガ》記事を更新していきますので

乞うご期待!

もずく
次は”身内ネタ”だとか…?

 

という具合で以上、もずくがお送りしましたー。

 

スポンサーリンク
登録販売者マンガ 第2話

コメントを残す